クレジットカード 評判・口コミ・メリット

イオンカード(WAON一体型)のポイント・メリット・デメリットについて

更新日:

イオンで買い物するなら圧倒的にお得になるカードがイオンカード(WAON一体型)です。

イオンカードというクレジット機能に加えて、WAONという電子マネーも付帯してきます。

イオングループ関連の割引特典や優待特典も数多くあるため、イオンを少しでも利用する方なら必携のカードともいえるでしょう。

イオンカードは数多く発行されているのですが、メインとなるのがイオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクトです。

今回はイオンカード(WAON一体型)について詳しく解説していきます。

 

 



ここだけ抑えよう!イオンカード(WAON一体型)の特徴とは

 

イオンカード(WAON一体型)の概要を簡単にまとめてみました。

名称Yahoo!Japanカード(ヤフーカード、YJカード)
年会費無料
入会条件満18歳以上の方
(高校生除く)
追加カード、電子マネー


ポイント還元率1.0%
国際ブランド


海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険最高100万円
利用可能額ショッピング 10万円~100万円
キャッシング 10万円~90万円

特徴

・お客様感謝デーで5%OFFその他数多くの特典がある

・イオングループではポイント2倍!その他も多くのキャンペーンあり

・提携店舗が多く、イオングループ以外でもお得になることも

それでは具体的にイオンカード(WAON一体型)の特徴をみていきましょう。

 

年会費は家族カードとイオンETCカードも無料

イオンカード(WAON一体型)の年会費は無料です。

また追加カードである

・家族カード

・ETCカード

こちらのカードも年会費無料となっています。

特にETCカードについては「ETC保険」が付帯されています。

イオンカード会員が運転・同乗した車が、ETCカードを使用中(挿入中)に、ETC料金所ゲートの開閉バーに衝突して、車両損傷があった場合、見舞金として一律5万円支給されるという保険です。

他のクレジットカードにはほとんど見かけない保険となっています。

どのETCカードを利用するか迷ったときはこのイオンカードのETCを利用することをおすすめします。

 

国際ブランドは主要ブランドすべて選択可能

イオンカード(WAON一体型)は

・VISA

・Mastercard

・JCB

の主要国際ブランドから選択することができます。

国内で利用するなら、どこの国際ブランドと選択しても大きな差はありませんが、海外で利用する機会がある方はVISAをおすすめします。

 

イオンカードのメリットとは

イオンカードのメリットについて解説していきます。

 

入会キャンペーン実施中!11月30日まで最大6,000ポイント獲得可能

イオンカードに新規に入会するとときめきポイント最大6,000ポイント獲得可能です。

獲得できるポイントは下記のとおりです。

  • 新規入会で1,000ポイント

に加えて下記のポイントが付与されます。

  • 20,000円以上の利用で2,000ポイント
  • 50,000円以上の利用で5,000ポイント

とカードを利用するだけでキャンペーンの適用となります。

キャンペーン適用条件は

  • 2018年9月1日(土)~2018年11月30日(金)にイオンカードに新規お申込みいただき、2018年12月31日(月)までにカードを発行した方
  • 2019年1月10日までにカードを利用した方

です。

獲得したときめきポイントはもちろん電子マネーWAONと交換可能です。

入会していつも通り買い物するだけで6,000円の現金相当の電子マネーが貰えるというのはお得ですね!

 

電子マネーWAONが付帯!

イオンカード(WAON一体型)は電子マネーであるWAONが付帯しています。

クレジットカード+電子マネーの機能が付帯しているので、利便性が増します。

例えば

・クレジットカードを利用でき、電子マネーを利用できない店舗

・電子マネーを利用でき、クレジットカードを利用できない店舗

いずれもイオンカード(WAON一体型)であれば決済することができます。

現金、クレジットチャージ、オートチャージ

WAONへのチャージは最大5万円までとなっています。

・大きい買い物はクレジット機能

・小さい買い物はWAON

という風に使い分けることをおすすめします。

 

電子マネーWAONのメリット・デメリットとは

電子マネーWAONについては下記の記事にメリット・デメリットが記載してあります。

電子マネーWAONの利用者11名に聞いた!口コミ・評判について

まとめると

電子マネーWAONのメリットは

  • イオン系列以外でも利用できる店舗が多い
  • オートチャージができるので、わざわざチャージする必要なし
  • 5のつく日がポイント2倍
  • 土日は専用端末でポイントゲット
  • 一定のチャージでポイント獲得キャンペーン
  • 毎週火曜日の火曜市と20日、30日のお客様感謝デーでお得に!

デメリットは

  • ポイントに有効期限がある
  • チャージの上限が5万円

という点です。

 

基本ポイント還元率0.5%!イオングループではポイント還元率1.0%!

イオンカード(WAON一体型)でたまるポイントはときめきポイントです。

200円の利用ごとに1ポイント付与され、1ポイントをおよそ1円相当で交換することができます。

その他下記のイオングループや関連店舗での利用でポイント還元率が2倍(1.0%)となります。

  • イオン
  • イオンスタイル
  • ダイエー
  • グルメシティ
  • マックスバリュ
  • イオンスーパーセンター
  • ザ・ビック
  • アコレ
  • ピーコックストア
  • サンデー
  • KASUMI
  • KOHYO
  • マルナカ
  • ホームワイド
  • まいばすけっと
  • ミニストップ
  • イオンモール
  • イオンタウン
  • イオンリカー
  • イオンバイク
  • R.O.U
  • スポーツオーソリティ
  • 未来屋書店
  • イオンコンパス
  • 四六時中
  • イオンシネマ
  • イオンペット
  • saQwa
  • タルボット
  • ikka
  • イオンボディ
  • ハックドラッグ
  • ウエルシア薬局

イオン内にテナントがある店舗すべてでポイント還元率が2倍になるわけではありませんので、注意しましょう。

また、上記の店舗でもクレジットで支払いをした場合はポイント還元率1.0%なのですが、WAONを利用して支払いをした場合は原則ポイント還元率が0.5%となる点も注意点です。

上記の店舗で買い物をするときはクレジットで支払いをするようにしましょう。

またイオングループでは豊富なキャンペーンを実施しており、割引特典や優待特典が数多くあります

順番に説明していきます。

 

20日&30日のお客様感謝デーで5%OFFに

20日、30日のお客様感謝デーでイオンカード(WAON一体型)にてお買い物をすると、会計代金から5%オフとなります。

また20日、30日以外にも実施されている場合があるので、実店舗やインターネットから確認してみてください。

お客様感謝デーではクレジット支払い、WAONでの支払いいずれも割引の対象になります。

一部対象外の商品はありますが、ほとんどの商品が5%OFFの対象となりますので、まとめてお買い物をすることをおすすめします。

 

 

毎月10日はときめきポイントWデーでイオングループ以外でもポイント還元率2倍

イオンカード(WAON一体型)は毎月10日のときめきポイントWデーでお買い物するとポイント還元率が2倍の1.0%となります。

一部下記のような対象外商品はあります。

  • ギフトカード
  • 航空・鉄道料金
  • WAONクレジットチャージ
  • Suicaクレジットチャージ
  • チケット類
  • 保険商品
  • 公共料金
  • 各種通信料
  • 新聞購読料
  • 医療機関

など

上記のような特別な支払いを除き、ほとんどの支払いが対象となりますので、イオングループ以外での支払いをするときは意識してみると良いでしょう。

毎月5日・15日・25日はグループ内のWAONの利用でお客さまわくわくデー

毎月5日・15日・25日でWAONを利用してイオングループ内で買い物をするとWAONポイントが2倍(還元率1.0%)となります。

・一部対象外の店舗や商品がある

・他のキャンペーンとは原則併用されない

という点は注意しましょう。

 

ショッピング保険の適用が180日と長期間

イオンカード(WAON一体型)はショッピング保険が付帯しています。

クレジット支払いで商品を購入した場合は偶発的な事故(例えば破損や盗難)にあったとき購入から最大180日間までの間であれば最大年間50万円まで補償されます。

他にもショッピング保険を付帯しているクレジットカードは多いのですが、最大60日や90日に設定されているカードが多いです。

年会費無料で180日という補償期間は大きなメリットと言えるでしょう。

 

その他イオングループでの特典の数々

上記までは主要な特典やメリットについて解説してきましたが、その他イオンカード(WAON一体型)にはイオングループで利用した場合、多くのメリットがあります。

  • イオンシネマでの300円割引
  • ウォーターサーバーの無料利用(店舗内にある「おいしい水」)
  • イオン旅行マーケットで会員価格で旅行ができる。

提携店舗でポイントUPや割引特典

イオンカード(WAON一体型)は提携店舗が非常に多いです。

下記の店舗でイオンカードを利用するとポイントが倍増します。

  • コスモ石油:2倍
  • 日本航空:2倍(オンラインショップ)
  • ツヴァイ:2倍
  • ワタミグループ:2倍
  • タカキュー:2倍
  • ルネサンス:2倍
  • 得タク:2倍
  • RHトラベラー:3倍(オンラインショップ)
  • 近畿日本ツーリスト:2倍(実店舗・オンラインショップ)
  • サンエックスネットショップ:2倍(オンラインショップ)
  • mibon:5倍(オンラインショップ)
  • アート引越センター:2倍
  • 神戸・三宮センター街:2倍

その他下記の店舗では割引などの特典があります。

  • カラオケ ビッグエコー              室料30%割引
  • カラオケルーム歌広場・カラNET24          グループ全員室料10%割引
  • 鴨川シーワールド             入園料 大人2,650円、小人1,330円
  • 大江戸温泉物語  518~950円割引
  • 富士急ハイランド             優待特別価格
  • スパリゾートハワイアンズ            ハワイアンズ入場料金10%OFF
  • 箱根小涌園ユネッサン     優待特別価格
  • SPA&HOTEL 舞浜ユーラシア      通常の入館料より310円引き
  • 乗馬クラブ クレイン東京              乗馬スクール 3,500円(税抜)にてご優待
  • 東京サマーランド             優待特別価格
  • トリックアート美術館     入館料200円引き
  • 楽蔵(楽蔵うたげ)          10%OFF
  • 夢や京町しずく   10%OFF
  • 湊一や       10%OFF
  • びすとろ家          10%OFF
  • 葱や田蔵      10%OFF
  • 東風家     10%OFF
  • とり蔵     10%OFF
  • たちのみ 一寸や CHOITOYA       10%OFF
  • 鮮や一夜             10%OFF
  • せせらぎを聴きながら     10%OFF
  • J’sBar      10%OFF
  • CELTS    10%OFF
  • 京町しずく          10%OFF
  • ウメ子の家          10%OFF
  • イタリアン&スペインバル 小麦    10%OFF
  • ニッポンレンタカー   基本料金15%OFF
  • オリックスレンタカー     基本料金15~50%OFF

上記は基本割引なので期間限定で上記の中からキャンペーンを実施し、さらなる割引や特典があることがあります。

店舗の詳細についてはこちらで確認しておきましょう。

 

イオンカードセレクトと異なり、イオン銀行の口座開設が必要ない

イオンカード(WAON一体型)はイオン銀行の口座を開設する必要がありません。

また引き落とし口座もイオン銀行以外を指定することができます。

イオンカードセレクトの場合はイオン銀行に口座を開設する必要がありますので、イオン銀行に口座をいちいち開設するのが面倒くさいという方はこのイオンカード(WAON一体型)をおすすめします。

 



 

イオンカード(WAON一体型)のデメリット

基本ポイント還元率は0.5%と標準的

イオンカード(WAON一体型)は様々なポイントアッププログラムはあるものの、基本ポイント還元率は0.5%と低めに設定されています。

そのため、通常利用時はリクルートカードや楽天カードなどのポイント還元率が高いカード、キャンペーン時にはイオンカードを利用するなどカードの使い分けをすることをおすすめします。

WAONへのチャージにはポイントが付与されない

イオンカード(WAON一体型)はWAONにクレジットチャージをしたときにポイントが貯まらない点は注意が必要です。

WAONをよく利用する方はWAONへのチャージでポイントが付与され、機能が似ているイオンカードセレクトの利用をおすすめします。

まとめ

ここまでイオンカード(WAON一体型)についてご紹介してきました。

ポイントは

  • 基本ポイント還元率は0.5%だが、様々な特典やポイントアッププログラムがある
  • 提携店舗が多いため、思わぬ店舗で特典をうけることも。ホームページで提携店舗を確認しよう
  • イオン銀行に口座を開設する必要がない
  • ショッピング保険が最大180日と長期間
  • 提携店舗やイオングループで利用するサブカードとしておすすめ

イオンカード(WAON一体型)はイオングループを利用する方はもちろん提携店舗を利用したい方にもおすすめしたい1枚です。

 



-クレジットカード, 評判・口コミ・メリット

Copyright© 楽して節約を楽しもう!~ラクセツ~ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.