株式投資 資産運用

株式投資でよく聞くNISAって?NISAのメリット・デメリットについて

更新日:

株式投資をしている方はNISAという言葉を聞いたことがある人が多いと思います。

しかしながら、言葉は知っていても

  • NISAについて知ってはいるけれども詳しく内容は知らない
  • メリットやデメリットについてわからない

という方が多いのではないでしょうか?

本記事ではNISAの概要とメリット・デメリット、について解説していきます。

 

 

NISAの概要とは

NISAは「少額投資非課税制度」のことをいい、株式投資の売却益や配当益が非課税になる制度です。

年間120万円(最大600万円まで)まで最大5年間に渡って株式の売却益や配当の利益が非課税になります。

具体的な内容は下記のとおりです。

一般NISA
対象商品 上場株式・公募株式投資信託など
対象非課税 売却益や配当金・分配金
非課税期間 5年間
非課税期間満了時 翌年の非課税枠の繰越可能
金融機関変更 各年で変更可能

例えば2018年に30万円の株を購入して、2022年に50万円で売却し、4年間で4万円の配当金が出たと仮定すると

  • NISAを利用している場合   24万円の手取り
  • NISAを利用していない場合  19.2万円の手取り(売却益の20万円×20%+配当金の4万円×20%が税金で取られる)

という風になります。

5年の非課税期間が終わる前後に下記の3方法を選択することが出来ます。

  • 課税口座に移す・・今後の売却益や配当は課税対象となります。
  • 5年の非課税期間が終わる前に売却する・・もし購入時よりも額面があがっていれば、売却益が非課税になります。
  • ロールオーバーする・・もう一度NISA口座に移す

つまり

購入時よりも額面が高くなっていた場合→売却する、ロールオーバーする

購入時よりも額面が低くなっていた場合→課税口座に移す、ロールオーバーする

ことをおすすめします。

 

ロールオーバーとは

NISAを調べていると良く「ロールオーバー」という言葉が出てくると思います。

ロールオーバーとは「5年間の非課税枠が終わった後、6年目にもう一度非課税枠に移すこと」をいいます。

【抽出元:SBI証券】

購入時に120万円以下で5年後に評価額が120万円を超えた場合でもロールオーバー可能です。

つまり

  1. 2014年にAという株を総額100万円でNISAにて購入
  2. 2018年末に評価額が200万円に上昇
  3. 2019年にはロールオーバーにてAという株をそのまま再度NISA口座にできる
  4. 次の非課税期間の終わりは2023年末。非課税対象価格は200万円

という流れになります。

非課税期間を伸ばすことができる制度といえますね。

 

NISAのメリット

手取りが増える

一番大きなメリットはやはり手取りが増えることでしょう。

株の譲渡益のみならず、配当金に対しても非課税対象となるため、得られるメリットは大きいです。

例えば5年間でC社の株を600万円購入し、6年目で660万円で売却、配当が5年間で50万円出たと仮定すると

課税口座であれば約22万円も負担する必要が出てきますが、NISA口座であれば0(ゼロ)円で済みます。

配当利回りが3%を超える高配当株を5年間保有し続ければ、NISA口座で得られるメリットはさらに大きくなります。

このようにNISAは数十万円以上得する可能性のある制度です。

 

ロールオーバーで実質非課税期間が延びる

NISAは非課税期間が5年と制定されていますが、ロールオーバーによって10年まで非課税機関が伸びます。

期間が延びることで下記のようなメリットがあります。

  • 損失が出ても焦る必要がない
  • 利益がさらに伸びる可能性がある。
  • ゆとりのある取引が出来る

 

NISAのデメリット

損益通算ができない

NISAの最大のデメリットが損益通算ができないということです。

損益通算とはNISA口座での損失を課税口座の利益と相殺できないことをいいます。

具体的には

  • A株を100万円で課税口座で購入、1年後に130万円で売却
  • B株を100万円で課税口座で購入、1年後に70万で売却

上記のケースの場合は(A株の利益30万円)ー(B株の損失30万円)=0

となり、実質的な所得が0(ゼロ)なので、課税はされません。

  • A株を100万円で課税口座で購入、1年後に130万円で売却
  • B株を100万円でNISA口座で購入、1年後に70万で売却

上記のケースの場合は(A株の利益30万円)ー(B株の損失は損益通算できなので0)=30万円

となり、所得は30万円となります。

30万円に対して譲渡所得に対して20%の課税がかかってき、約6万円の税金を負担しなければなりません。

このようにNISAは非課税とはいえども、税制上のデメリットがあります。

 

 

まとめ

今回はNISAについてまとめてみました。

ポイントは

  • NISAは年間120万円、5年間で600万円の非課税制度
  • 非課税期間が終われば、ロールオーバーができる
  • 損益通算ができない

ということです。

一長一短があるNISA口座ですが、20%の税金免除は非常に大きいです・

  • 高配当株
  • 売却益が期待できる株
  • 長期保有を考えている株

に対して特に有効な制度ですので、ぜひ加入を検討してみてください。

 

-株式投資, 資産運用

Copyright© 楽して節約を楽しもう!~ラクセツ~ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.