メリット・デメリット 格安SIM

キャリアよりも圧倒的にお得!格安SIMのメリット・デメリットについて

更新日:

家計費の中でも大きな負担となってくるが通信費です。

月に1万円~2万円程度、あるいはそれ以上の費用がかかってくる方も多いかと思います。

そんな方におすすめしたいのが格安SIMです。

大手キャリアの通信費よりも大幅に安くでき、月単位で数千円、年単位だと十万円近く節約できるケースもあります。

格安SIMに興味のある方なら

  • 格安SIMのメリット・デメリットについて
  • 三大キャリアとはどれくらいちがうのか

は気になりますよね?

この記事では

  • 格安SIMの概要
  • 格安SIMのメリット・デメリットについて
  • 格安SIMとキャリアとの価格の差

について解説していきます。

本記事であなたに合った格安SIMを見つけてみてください。

 

[ioc]

 

格安SIMとはキャリアより安い通信費を提供しているサービス

安SIMとは、キャリア回線(キャリアとはdocomo、au、ソフトバンクのこと)が提供するプランよりも安いプランを提供しているサービスのことを指します。

キャリア回線よりも安いプランでサービスを提供できるのは、

  • 大手のキャリアが持っている回線の一部を借受けることで維持費がかからないようにしている
  • 付帯サービスが少なく、有料オプションとしている
  • インターネットからの申込が主体のため、人件費が削減されている

というのが主な理由です。

 

格安SIMのメリット

この章では格安SIMのメリットについてご紹介していきます。

 

格安SIMは三大キャリアと比較すると通信費が圧倒的に安い

格安SIMは三大キャリアと比較すると通信費が圧倒的に安いです。

具体的に3大キャリアの価格と格安SIMを比較してみましょう。

3大キャリアの場合の価格

大手キャリアの価格を見ていきましょう。

大手キャリアは、インターネット接続サービスの300円に加え、通話料金とデータ定額サービス料金がかかります。

大手キャリアの主力プランと価格を見ていきましょう。

キャリア名 プラン 月額
NTTドコモ カケホーダイライト 7,000円
au スーパーカケホーダイ 6,480円
ソフトバンク スマ放題ライト 7,000円

【3~5GBのデータ通信量で概ねの価格】

このように比較的安いプランを選択しても6,000円以上はコストがかかってきます。

キャリアの場合、どのプランを選ぶかによってトータルの料金は大きく異なってきます。

ほとんどのキャリアでは基本プランを5分間通話定額、データ容量を20GBのプランを選ぶと、インターネット接続サービスの300円を加えて最終的には10,000円近くかかります。

 

格安SIMにした場合の価格

それでは格安SIMの価格帯を数社見てみましょう。

会社名 プラン 月額
楽天モバイル 3.1GBプラン+音声電話対応 1,728円
BIG LOBE 3GBプラン+音声電話対応 1,728円
LINE Mobile 1GBプラン+音声電話対応 1,296円

このように大手キャリアと比較すると5,000円近く変わってきます。

1GBプランは、

  • インターネットを殆ど使わない
  • 大事な時だけ連絡取れればいい
  • ポケットwi-fiを持っている

という方におすすめなプランです。

3GBプランは、

  • 少しネットを利用するけれども、頻繁には利用しない

という方におすすめなプランです。

3大キャリアと格安SIMの価格の違い

以上のように三大キャリアと格安SIMを比較すると、大きな価格差があることがご理解いただけたかと思います。

実際にどのくらい差が出てくるかソフトバンクのスマ放題ライトとLINE mobileを比較してみましょう。

AとBの毎月の差:約5,704(7,000円-1,296円)

AとBの毎年の差:約68,448(5,704円*12ヶ月)

AのBの10年の差:約684,480(96,000円*10年間)

AのBの20年の差:1,368,960(96,000円*20年間)

このように一月単位ではあまり差がないように感じていてもこれが1年、10年、20年になるとかなりの差になるというのが正直なところではないでしょうか。

 

自分に合ったプランを選択することができる

格安SIMは自分に合ったプランを選択できます。

格安SIMは有料オプションで付帯サービスを選択できるため、必要のないプランやオプションを削除して、サービス利用料を安く抑えることが出来ます。

格安SIMを提供する会社も年々増えており、3大キャリアが提供しているプランよりも自分に合ったプランを見つけやすくなっています。

 

最低利用期間が短い

格安SIMは

  • 解約違約金がない
  • 解約違約金がキャリアより安い

大手キャリアのプランは2年ごとに更新を求められたり、乗り換えるタイミングが良くなければ解約金の支払いを求められたりします。

しかし、格安SIMはここまで厳しくはありません。

最低利用期間は設定されているものでも、大手キャリアと比べてとても短く半年や1年間といった短い期間であることが多いです。

実際に使ってみて自分には合わないなと思ったら、それほど待たずに違う会社へと乗り換えることができます。

プランによっては、最低利用期間が設定されていないものもあるほどです。

 

格安SIMのデメリット

格安SIMにもデメリットがあります。

・通信の質がキャリアよりも劣る

・クレジットカードを保有している必要がある

順番に見ていきましょう。

キャリアと比較すると通信の質が劣る

格安SIMのデメリットとしては、キャリアと比較すると通信の質が劣るということが挙げられます。

格安SIMの場合は、通常の通信量であれば問題なく利用できますが、多くの人が利用し、通信量が多い時間帯になるとエラーがキャリアよりも多く出るケースがあります。

通信の快適さを大切にしている方にとっては、デメリットになるでしょう。

 

クレジットカードを持っている必要がある

格安SIMの支払い方法は、クレジットカード払いになるケースが多いです。

格安SIMは原則としてインターネットで申込が完結するため、支払いはクレジットカード対応のみとしている会社が多いです。

キャリアのように口座振替での支払いやデビットカードでの支払いができる会社は少ないです。

クレジットカードを持っていない方は格安SIMに乗り換える前にクレジットカードを作成しておくとスムーズに乗り換えを行うことが可能です。

まとめ

今回は、格安SIMのメリット・デメリットと、キャリアとの比較について説明してきました。

ポイントは

・格安SIMとは、キャリア回線が提供するプランよりも安いプランを提供しているサービスのことを指す。

・格安SIMのメリットとして、自分に合ったプランを選択することができることや最低利用期間が短いことが挙げられる。

・格安SIMのデメリットとして、通信の質が劣ることやクレジットカードを持っている必要があることが挙げられる。

・大手キャリアと格安SIMでは1年で約7万円の違いが出てくる

 

今回の記事を通して、格安SIMについての理解が深まったのではないでしょうか。

格安SIMは家計費を大幅に削減する一つの手段です。

今まで以上に興味を持てたという方は是非、この機会に格安SIMへの挑戦をおすすめします。

-メリット・デメリット, 格安SIM

Copyright© 楽して節約を楽しもう!~ラクセツ~ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.