クレジットカード 評判・口コミ・メリット

楽天カードはメインカードに最適!メリット・デメリットを調べてみた

更新日:

テレビCMでよく見かける楽天カード

テレビを見る方ならほとんどの方が見かけたことがあるのではないでしょうか

J.D.パワー ジャパンの統計調査である「2018年日本クレジットカード顧客満足度調査」で1位をとっており、今最も人気のあるクレジットカードといっても過言ではありません。

今回は

  • 楽天カードの特徴
  • 楽天カードの評判・口コミについて
  • 楽天カードのメリット・デメリットについて
  • 楽天カードはどんな人におすすめなのか
  • 楽天カードのポイントの貯め方・使い方

について解説していきます。

楽天カードを発行しようと考えている方は参考にしてみてください。

 

ここだけ抑えよう!楽天カードの特徴とは

 まずは楽天カードの簡単な特徴について解説します。

名称楽天カード
年会費無料
入会条件満18歳以上の方
(高校生除く)
追加カード、電子マネー

ポイント還元率1.0%
国際ブランド


海外旅行保険最高2,000万円
国内旅行保険
ショッピング保険
利用可能額ショッピング 10万円~100万円

・年会費無料でポイント還元率1.0%の高還元

・入会キャンペーンが非常にお得!発行して利用しなくてもメリットあり

・楽天市場などの楽天サービスでは圧倒的にお得!最大ポイント還元率20%超えに

・海外旅行保険が充実している

・メインカードとしておすすめのカード

それでは具体的に解説していきます。

 

楽天カードの特徴や口コミについて

楽天カードを実際に利用している人の口コミ・評判は下記の記事の中に記載しています。

楽天カードの口コミ・評判は?実際の利用者11名に聞いてみた

まとめると

  • 楽天モバイルでの併用でお得
  • 楽天ペイが利用しやすい
  • 楽天市場の5と0のつく日がポイント5倍!
  • ENEOSでのポイント2倍がお得
  • カードの利用の度にお知らせメールが来るので安心
  • 入会キャンペーンがお得
  • 楽天証券との併用でお得にポイントがためる
  • 主婦でも審査に通過した
  • 家族カードの利用でお得にポイントが貯まる

ということが評判が良かったです。

それでは具体的に楽天カードのメリット・デメリットについてみていきましょう。

楽天カードのメリット

 年会費が無料!家族カードも無料でETCカードは条件付きで無料に

楽天カードは年会費無料です。

発行することによるデメリットはありません。

追加カードである家族カード、ETCカードも年会費・発行料ともに無料です。

  • 家族での利用
  • 高速道路での利用

でさらに効率よくポイントを獲得することができます。

 

基本ポイント還元率が1.0%と高く、楽天市場では最大12倍に

楽天カードはポイント還元率が高いのが最大のメリットです。

通常のポイント還元率が1.0%と年会費無料のカードの中では高還元なのに加えて楽天関連のサービスを利用するとさらにお得になります。

  • 楽天市場での買い物で+2倍(通常ポイント1倍+楽天市場の買い物1倍)
  • 通常のショップポイント+1倍(Tポイントなど)
  • 楽天市場アプリの利用で+1倍
  • 楽天銀行の口座を楽天カード利用分の引き落とし口座設定することで+1倍

で楽天市場での利用で最大5倍ものポイント還元率となります。

さらに

  • 楽天トラベルでの利用で+1倍
  • 楽天ビューティの予約&来店で+1倍
  • MVNOの楽天モバイルの利用で+2倍
  • 楽天ブランドアベニューでの利用で+1倍
  • Rakuten NBA Specialでの利用で+1倍

上記を利用してポイント還元率が最大12倍もの還元率となります。

注意点が

  • 通常利用での楽天ポイント1%
  • 楽天市場での利用の楽天ポイント1%

以外はすべて期間限定ポイントでの獲得となる点です。

通常の楽天ポイントとは異なりますので、利用方法に注意しましょう。

 

またその他楽天スーパーポイントのお得の貯め方は下記の記事に記載していますので、参照にしてみてください。

楽天スーパーポイントのお得な貯め方について実際の利用者13名に聞いてみた

期間限定!入会キャンペーンで最大8,000ポイント獲得!

楽天カードは入会キャンペーンがお得です。

期間限定で最大8,000ポイント獲得できます。

入会キャンペーン獲得条件も非常に簡単で

【特典1】2,000ポイント獲得条件

  • 新規のお申し込みで楽天カード/楽天PINKカード(18歳以上:高校生不可)が発行された方

【特典2】6,000ポイント獲得条件

  • カード利用期限までに1円以上、楽天カード/楽天PINKカードを利用された方

という2つの条件のみです。

楽天カードは年会費が無料なので、もしあまり気に入らなければ、コンビニで10円ガムを楽天カードで購入し、後は一度も利用しなければ、7,990ポイントが無料で獲得できます。

他のクレジットカードの入会キャンペーンも数多くありますが、

  • 家族カードの入会
  • リボ払いの利用
  • 携帯電話料金の支払い
  • 5万円以上の利用

など獲得条件が厳しいカードが多いです。

楽天カードほどポイント獲得数が多く、獲得条件が甘いカードはほとんどありません。

楽天カードは入会キャンペーンお得でおすすめできるカードです。

 

ENEOSなど提携店舗が多く、実店舗でのポイントが倍増する

楽天カードは下記の店舗と提携しています。

下記の店舗での楽天カード利用でポイント還元率2~3%となります。

対象 会社名
車関連 ENEOS、ダンロップ、タイヤセレクト、タイヤランド、キズキレンタルサービス、
コンタクト・メガネ エースコンタクト、メガネストアー
ショッピング スーパーギターショップ Big Boss、家具・インテリアのルームズ大正堂、さかいやスポーツ、JEUGIA
美容 Hair&Make FUSE、ヘアメイクパッセージ、てもみん・グローバル治療院、リフレッシュ工房オズ美容室センス、ヘアメイクsolidplace
暮らし・住まい アリさんマークの引越社、ハート引越センター、サカイ引越センター、G・O・Gパソコン修理・データ復旧、日本戸建管理 家ドック会
アミューズメント 大江戸温泉物語、複合カフェリラックス
トラベル 得タクネットワーク、ベストワンクルーズ、アミー号.com

特におすすめしたいのがENEOSでの利用です。

ENEOSで楽天カードを利用するとポイント還元率2.0%となり、非常に高い還元率となります。

 

海外での利用もお得!

楽天カードは海外でのお得な特典も付与されています。

  • 海外での購入した商品に対して1%のポイントが付与される。
  • 海外でキャッシングを利用すれば現地の通貨を引き出せる。
  • ハワイ・ワイキキに楽天会員専用ラウンジ。
  • 海外でのトラブルに電話で日本語で対応してくれるアシスタントサービスもあります。
  • 最大2,000万円の海外旅行保険が利用付帯している。

特に海外旅行保険については

<具体的な補償内容>

死亡・後遺障害保険 最高2,000万円

傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)

疾病治療費用 200万円(1疾病の限度額)

賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額)

救援者費用 200万円(1旅行・保険期間中の限度額)

携行品損害 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

と利用頻度が高い傷害・疾病治療保険、携行品損害も年会費無料のクレジットカードの中ではトップクラスの補償が整っています。

楽天カードは海外にいくならぜひ持っておきたい一枚といえるでしょう。

 

審査が早く、必要な書類もなし

楽天カードの申込は非常に柔軟です。

  • クレジットカードの審査に通常必要な印鑑、免許証のコピーなど不要
  • 即日で審査連絡がある。
  • 申込から1週間程度でカードが届く

など他のクレジットカードよりも審査や発行スピードは柔軟です。

 

通知メールやモニタリングシステムなどセキュリティ面が充実

楽天カードはセキュリティが充実しています。

  • 楽天カードの利用後、速報でメールが届き不正利用をいち早く確認できる
  • 不正検知システムを導入しており、不正利用がないかチェックをしている。
  • 紛失・盗難専用ダイヤルは24時間受付している

など不正利用に対する対応は万全となっています。

 

アプリやホームページが充実している

楽天はIT企業なだけあってアプリやホームページが充実しています。

具体的な特徴について確認していきます。

【楽天カードアプリ】

  • 楽天カードアプリがあり、利用明細を逐一確認できる
  • 楽天カードアプリは家計簿としても利用できる
  • アプリは指紋認証できる

【楽天e-NAVI】

  • 楽天カードは機能性に優れた楽天e-NAVIというホームページがある
  • 利用明細も逐一確認できる
  • 楽天カードのみではなく、様々な楽天サービスが利用できる
  • キャンペーン情報も逐一確認できます。

このように楽天カードはアプリ、ホームページともに充実しています。

 楽天カードのデメリット

ショッピング保険がついていない

楽天カードにはショッピング保険が付帯していません。

楽天カードをメインで利用し、ショッピング保険の付帯を考えている方は年間300万円のショッピング保険が付帯している楽天プレミアムカードをおすすめします。

 

国内旅行の保険がついていない

楽天カードには国内旅行傷害保険がついていません。

国内旅行損害保険がほしい方は三井住友VISAカードがよいでしょう。

 

楽天カードと併用するとお得な楽天サービス

楽天カードは楽天のサービスとの併用でメリットが大きいカードです。

具体的に楽天カードとの併用でおすすめのサービスを紹介します。

楽天市場

楽天市場は国内最大級のネットショッピングサイトです。

  • 楽天カードの利用・・ポイント3倍(通常ポイント+ショップポイント+ボーナスポイント)
  • 楽天市場のアプリでの買い物・・ポイント+1倍
  • 楽天カード利用分の引き落としを楽天銀行の口座にする・・ポイント+1倍

とポイントが優遇されます。

通常日でも十分ポイントが付与されるのですが、特におすすめしたいのは楽天スーパーSALEです。

年に四回開催され(3・6・9・12月)

  • 期間限定で10~50%程度の割引がある
  • ポイントがアップする

という特典があります。

一番の目玉が買いまわりでポイントアップです。

1つのショップで買い物をするより2つ、3つと買いまわるたびにもらえるポイントが2倍、3倍と増えていきます。

10店舗で買い物をすれば10倍のポイントをもらうことが出来ます。

 

楽天銀行

楽天カードの利用代金を楽天銀行の口座からの引き落としにすればもらえるポイントがアップします。楽天銀行の口座を持っていない方は、これから楽天カードを作るのならば楽天銀行のキャッシュカードと一体になったクレジットカードを作るとよいでしょう。

 

電子マネーEdy

電子マネーはカードやおさいふケータイに現金をチャージして対象の店で支払いができるものですが、楽天の電子マネーEdyには現金以外もチャージできます。楽天スーパーポイントをチャージすることもでき、キャンペーン期間であればポイントをチャージするとさらにポイントがもらえます。クレジットカードからチャージすることもできますし、楽天銀行の口座からチャージすることもできます。これらのサービスを併用すればさらにポイントがもらえます。

Edyが利用できる主な店舗は

  • セブンイレブン、ローソンなどの主要コンビニエンスストア
  • ビックカメラなどの主要家電量販店
  • マツモトキヨシ
  • スギ薬局
  • ブックオフ
  • 高島屋
  • ロフト
  • マクドナルド
  • ガスト
  • すき屋
  • ビッグエコー

 

楽天トラベル

楽天トラベルではホテル、飛行機、高速バスなどが予約できます。

楽天トラベルで予約、支払いをすると楽天スーパーポイントが付与され、支払いを楽天カードにすれば追加でポイントが付与されます。

特にホテルの付与率が高いのが特徴です。

楽天トラベルの支払いは楽天スーパーポイントを利用することができるため、ポイントをためるだけではなく、使うにもおすすめしたいサービスです。

 

楽天デリバリー

楽天デリバリーは主にフードのデリバリーを提供しているサービスです。

主に下記の食品を頼むことが出来ます。

  • ピザ
  • 弁当
  • カレー
  • 寿司
  • ドリンク・酒
  • 中華・ラーメン
  • 洋食・パエリア
  • ケータリング・オードブル
  • 和食
  • フライドチキン
  • ハンバーガー

このほかクリーニングや鍵屋さんなどのデリバリーもあります。

楽天デリバリーは楽天カードで支払いをすればポイントがアップします。

また楽天スーパーポイントを楽天デリバリーの支払いに充てることもできます。

 

楽天Kobo

楽天koboは電子書籍を提供しているサービスです。

電子書籍を購入するときには楽天Koboを利用し、楽天カードで支払いをすればもらえるポイントがアップしてお得です。さらに楽天Koboで月に2000円以上購入すれば、もらえるポイントは+1倍になります。

 

楽天ペイ

楽天ペイは楽天会員IDの情報を利用して支払いができるアプリです。

楽天ペイは楽天Edyと同じようにスマートフォンに入れて使うものなので、楽天Edyを持っていればいらないのでは、と思う方もいるかもしれませんが、楽天Edyと楽天ペイは異なる場面で使い分けができます。

楽天Edyとの大きな違いは、楽天ペイは電子マネーではないということです。

楽天ペイというアプリであって、そこには現金にあたるものがチャージされてはおらず、そのアプリを使ってあらゆる方法で支払いをするというものです。

楽天会員IDに登録されたクレジットカード、楽天スーパーポイント、楽天キャッシュで支払いができます。使い道に困っている期限のせまったポイントを使いたいときには楽天ペイでポイント支払いを選択すれば使い切ることができます。

楽天Edyには楽天スーパーポイントをチャージすることはできますが、期間限定ポイントは対象になりません。

期間限定ポイントは、楽天市場などの楽天サービスか、楽天スーパーポイントを使える街の店で使うこともできますがなかなか使いたい店が見つからないときもあります。

そんなときに楽天ペイが使える店でポイント支払いをすれば使い切ることが可能です。

楽天ペイはローソンなどで使えますが、全体では使える店はまだそんなに多くありません。

ローソンではキャンペーンにエントリーと利用で、ポイントが2.5倍になります。

楽天ペイの使える店は楽天Edyの使える店とも楽天スーパーポイントを使える店とも異なるので、使い道とポイント期限を考えて使い分けるとよいです。

楽天ペイと楽天カードを併用して利用するとどちらにもポイントがついてさらにお得です。

 

会員ランク特典

楽天会員は、獲得したポイントにしたがって会員ランクが上がります。

楽天カードを持っていれば、最高ランクのダイヤモンド会員になることが可能です。

ダイヤモンド会員には下記のような特典があります。

  • ダイヤモンド会員限定のポイント企画やプレゼントがある
  • 楽天グループで利用できるクーポンがある
  • メルマガ限定の優待情報が案内される
  • バースデーポイントが700ポイント付与される

 

楽天カードはこんなひとにおすすめ

楽天カードは下記の人におすすめしたいカードです。

年会費無料でポイント高還元のメインカードを探している方

楽天カードはメインカードに向いているカードです。

理由は

  • 年会費無料
  • 基本ポイント還元率1.0%と高還元。さらに楽天サービスでポイントアップ
  • ENEOSではガソリンカードとして利用できる
  • 電子マネーEdyも付帯している
  • メールやモニタリングなどのセキュリティ性も高い
  • ポイントも多様な店舗、多様なシーンで利用できる

と利便性の高いカードのためです。

メインカードが決まっていない方は楽天カードも検討してみてください。

 

楽天市場などの楽天サービスを利用する方

楽天カードは楽天サービスでお得にポイントが付与されます。

特に

  • 楽天市場
  • 楽天モバイル
  • 楽天銀行

を利用する方にとっては楽天カードは必須となるでしょう。

 

海外旅行に行かれる方

楽天カードは年会費無料のクレジットカードの中でも海外旅行保険はトップクラスに充実しています。

ただし楽天カードは利用付帯です。

海外旅行保険の自動付帯のカードである

  • JCB EITカード
  • エポスカード

を追加で発行しておくと年会費無料でゴールドカードなみの海外旅行保険を付帯することができます。

まとめ

今回は楽天カードのメリット・デメリットや特徴についてまとめてきました。

ポイントは

  • 年会費無料でポイント還元率が高い
  • 楽天市場でのポイント還元率が最大12倍
  • 楽天サービスで特にお得
  • ENEOSでのガソリンカードとしても利用できる
  • 入会時に多額のキャンペーンポイントを獲得できる
  • 入会の際にもらえるポイントが期間によってアップするので、その期間をねらって申し込みをすることをおすすめします。

-クレジットカード, 評判・口コミ・メリット

Copyright© 楽して節約を楽しもう!~ラクセツ~ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.