節約グッズ 貯金 貯金の仕方

楽しく節約・貯金するために!おすすめのおもしろ貯金箱4選!

更新日:

  • せっかくなら楽しく貯金していきたい
  • 気持ち良く貯金したい
  • 毎月計画的に貯金していきたい

という方におすすめなのが貯金箱です。

今回は楽しく節約、貯金ができるおすすめの貯金箱を4種類ご紹介していきます。

これらの貯金箱を利用して楽しく貯金、節約していきましょう。

 

 

10万円貯まる本 「世界遺産」版

世界遺産旅行をすると10万円貯まる本の特徴・メリットについて

この「世界遺産旅行をすると10万円貯まる本」は500円を本に入れて世界各国にある世界遺産を旅行しようという本です。

貯金箱というと缶やガラス製のものがぱっと思いつきますが、この貯金箱は正しくは“貯金本”です。

500円専用の貯金本になりますが、世界遺産の200のスポットを巡りながら、楽しくそして賢く節約と貯金ができる本です。

これまでの貯金箱のイメージを覆すもので、自分自身の利用のみならず、友達の誕生日プレゼントとしても喜ばれると思います。
貯金箱はスペースをとるものが多いですが、こちらは本のタイプなので場所も取らず、収納に適しています。

見た目は全く貯金箱の感じがしないため、内緒のへそくり貯金として利用もできます。
また、海外旅行好きの方には、各国の世界遺産の豆知識を学びながら貯金できるため、旅行に行った気分になれるのが楽しく、ストレスなく続けられます。
お買い物のお釣りやお財布に500円を見つけ次第貯金するため、他の貯金箱に比べてすぐにお金が貯まるのも嬉しいポイントです。

どれぐらい貯まっているかもすぐに見てわかるため、もっと貯金を頑張ろうという気持ちにもなれます。

貯まった10万円は海外の世界遺産を訪れる旅の資金にしてもよいかもしれないですね。

この貯金本には日本バージョンもあるため、世界遺産周りはまだ早すぎると感じる方は日本1周から初めてもよいかと思います。

 

世界遺産旅行をすると10万円貯まる本の注意点について

この「世界遺産旅行をすると10万円貯まる本」は500円専用の貯金本になるため、500円が手に入らないと貯金できないというのがデメリットです。

ほかの貯金箱であれば、小銭を関係なく貯金箱に投入することが可能ですが、この本の場合はそれができないのが難点です。

 

 

マイATMバンク ブルー

マイATMバンクブルーの特徴・メリットについて

マイATMバンクブルーはお金を自動で判別して幾ら貯金したのかが分かるタイプの貯金箱です。

このマイATMバンクブルーはセキュリティを設定でき、セキュリティカードを通さないと開けることができないといった具合に機能面が向上しているのがメリットです。

貯金箱としても金庫としても利用できます。

他には目覚まし時計として使用することができ、現在の時刻の表示とアラームを設定でき目覚ましの代わりとしても使用できる貯金箱です。

ちょっとしたインテリアとしても良いのではないでしょうか。

色は黒と青の2種類でコインを入れると音声案内がなりますし、紙幣を入れて貯金することもできるので通貨だけの慮菌箱ではなくお札を入れることができるので良いと思います。

子供に対してATMというものがどんなものかを説明して見せて実際に貯金をさせて見せてこんなものだと感じさせるのにも使用することができます。

どちらかというと子供向きの貯金箱なのだとは思いますが結構しっかりしたつくりになっていてお金の読み取り制度も高く、一昔前の読取装置と比べるとかなり進歩しているなと感じます。

肝心の貯金できる量ですが500円玉が950枚以上で100円が1300枚、1円玉が2200枚の枚数を貯金できます。

 

マイATMバンクブルーの注意点について

この商品のデメリットは紙幣に関しては自分で幾ら入れたか打ち込まないといけません

自動で紙幣を認識する装置は付いておらず、あくまでも硬化のみ自分で認識して計算をしてくれます。

紙幣を入れるときは注意する必要ですね。

人生銀行 for iPhone

人生銀行の特徴・メリットについて

「人生銀行」は、iPhoneを利用して貯金ができる、まったく新しい貯金箱です。

貯金をするごとに、キャラクターが成長したり、豊かな生活を送れるようになるという、さながら人生ゲームをしているような感覚で貯金をすることができます
使い方は簡単です。

まず、iPhoneに専用のアプリをダウンロードし、いつまでにいくら貯めるかという、貯金目標を設定します。

貯金目標を設定したら、人生貯金箱にiPhoneを設置して、貯金スタートです。

人生銀行の住人の様子がiPhoneに映し出されるので、貯金をして、住人の人生を変えていきます

住人の人生を楽しみながら、目標金額を目指して貯金をしていきましょう。

目標を達成したら、幸せになった住人と、目標を達成した自分を祝福して、貯金箱を開けてみるのもいいかもしれません。
遊び感覚で楽しんで貯金をすることができるので、ズボラな人や、貯金箱をすぐに開けてしまいがちな人でも、継続して貯金をすることができるでしょう。

また、アプリと連携させて貯金をしているので、いくら貯まっているのか簡単に確認することができます。

ですので、少しずつ貯まっていく貯金金額を見て、日々、ちょっとした達成感を感じることもでき、モチベーションの維持も楽に出来ると思います。

 

人生銀行の注意点・デメリットについて

便利で楽しい「人生銀行」にも、デメリットはあります。
まず、「人生銀行」はiPhoneユーザー以外には使えません

名前にもあるとおり、iPhone専用の商品となっているため、androidユーザーや、そもそもスマホを持っていない方にはお使いいただけません。
そして、貯金できるのが、500円硬貨のみであるということです。

10円や100円では貯金をすることができないので、細かいお金は貯金しようと考える方や、お小遣いの中から少しずつ貯金しようとしているお子様には、少し使いづらいかもしれません。
また、1度貯金したお金を1枚でも取り出してしまうと、それまで築いてきた人生がリセットされてしまいます。

軽い気持ちで貯金箱を開けなくなるという点においては、とても素晴らしい機能だと思いますが、ほんの1枚取り出しただけで振り出しに戻ってしまうのは、やはり、少し寂しい気がします。

タッチパネルATMバンク

タッチパネルATMの特徴・メリットについて

「タッチパネルATM」は銀行に置いてあるATMのミニチュア版で可愛いらしいデザインが特徴です。
精度も高く、硬貨を入れると自動的に選別をしてくれます。

残高を管理して入金と出金ができますので、本物のATMのようです。
これがあれば、銀行口座で管理をしなくても済むかもしれません。
目標額が設定できるので、家族で貯金を楽しむこともできます。
バックライトが光るので、暗い場所でも操作ができ便利です。
セキュリティ対策も万全で専用のカードを差し込み、暗証番号を入力をしないと操作ができないです。
お子様が貯金をする場合は、親御さんが暗証番号を登録すると良いかもしれませんね。
紙幣は千円から1万円まで挿入することが可能です。自動的に巻き取ってくれるので、お金を挿入するのが楽しいです。

様々な効果音が流れるのですが、音量の設定ができれば良いなと感じます。

 

「タッチパネルATM」の注意点について

お札は三つ折りにしないと挿入できないことはデメリットです。

お札のおり方が悪いと紙幣詰まりの原因にもなるので子供が紙幣を挿入する際は目が離せないです。

紙幣挿入時は自分で金額をタッチパネルでをしないといけませんので面倒です。

子供が勝手に紙幣を入れると、いくら入れたか分からなくなるのがデメリットです。

まとめ

今回は楽しく貯金や節約できるおもしろ貯金箱をご紹介してきました。

  • 旅行気分を楽しみながら貯金したい方は「10万円貯まる本」
  • セキュリティ性も求めるなら「マイATMバンクブルー」
  • ゲームを楽しみながら貯金したい方は「人生銀行」
  • 子供と一緒に貯金を楽しみたい方は「タッチパネルATM」

節約や貯金をするなら楽しく節約や貯金をしたいですよね?

今回ご紹介した4種類の貯金箱はいずれも楽しく貯金できる貯金箱です。

今回の4種類の貯金箱を活かして楽しく節約・貯金していきましょう。

 

-節約グッズ, 貯金, 貯金の仕方

Copyright© 楽して節約を楽しもう!~ラクセツ~ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.