クレカのコラム クレジットカード 節約術

明日からすぐできる!ガソリン代を節約するために重要な5つのコツ

更新日:

  • ガソリン代が高くなってきて家計が厳しい
  • 通勤で車を利用している
  • 定期的に旅行や帰省などでガソリン代がかさむ

車をお持ちの方はこのような悩みをお持ちではなないでしょうか?

このガソリン代が毎月少しでも安くなると家計にもゆとりが出ますよね?

一見ガソリン代の節約は難しいように感じますが、実はあらゆる方法で年間1万円以上の節約が可能となります。

今回はガソリン代を節約する方法について紹介していきます。

ガソリン代はちょっとした手間で大きく節約できます。

ぜひ実践してみて、ガソリン代の節約に努めてみてください。

 

 

クレジットカードで2-3%のガソリン代を節約

一番手軽のガソリン節約方法はクレジットカードを利用することです。

クレジットカードで給油すると給油代金に現金同様に利用できるポイントが付与され、実質的な節約になるためです。

例えばENEOS PカードはENEOSで給油するとガソリン代の給油代金の3%がキャッシュバックされます。

またENEOS Pカードは年会費が1,250円(税抜)かかりますので、あまり給油をしない方にはメリットが少なくなります。

目安として月の給油金額が1万円以下の方は年会費無料でENEOSでのポイントが2%付与される楽天カードがおすすめです。

例えば月に1.5万円、年間で18万円給油する人の場合、年間で下記のとおりガソリン代の節約に差が出てきます。

付与ポイント数 年会費 年間節約金額
現金 0 0 0
楽天カード 3,600 0 3,600円
ENEOSカード 5,400 1,350 4,050円

またクレジットカードはカードを通すだけで決済できますので、ガソリン代の節約のみならず、決済時間の節約にもなります。

現金で給油している方はガソリン代をクレジットカードでお支払いすることをおすすめします。

 

車を軽くすることで燃費を向上させよう

車は重いと燃費が悪くなります。

重量が重いものを動かすほうがエネルギーを使うため、ガソリンの消費も速くなるためです。

そのため車を軽くすることで燃費が良くなり、ガソリン代節約につながります。

  • ガソリンの給油を満タンではなく半分程度に抑える
  • 車の荷物を極力少なくしておく

などをして車を軽くしておきましょう。

 

運転中の工夫で燃費を向上させよう

運転中の工夫によって燃費の向上につながります。

  • 急発進・急停車を控える
  • 常に燃費が良い2,000回転の運転を意識する(回転数の表示がない場合は時速40Km程度)
  • エアコンの使用を控える

これらの工夫をすることによってガソリンの消費を抑えることができます。

回転数ってどこで見るの?という方は下記の画像を参照にしてください。

これがタコメーターと呼ばれる回転数を表すメーターです。

この2のところで常に運転することを意識することによって燃費が向上し、ガソリン代の節約につながります。

 

前準備でガソリンを節約しよう

車のエンジンやタイヤなど運転する前の前準備を整えることによってガソリン節約につながります。

  • 毎月1度ガソリンスタンドでタイヤの空気圧をチェックする
  • ガソリンの密度が高い朝一番に給油する
  • エンジンオイルを古くなる前に入れ替える

このような前準備をすることでガソリンの節約につながります。

 

近くにコストコがある方はコストコでの給油もおすすめ

もし近くににコストコがあるのでしたら、コストコのガソリンスタンドで給油するのが節約につながります。

コストコは、近隣のガソリンスタンドより単価が高いことはまずありません。

最低価格と同じ場合もあるようなのですが、基本的には近隣ガソリンスタンドよりも安いです。

以前には1Lあたり10円程度安いケースもありました。

いつもコストコの前を通っているけどガソリンは入れたことないなと思っている方は、明日からすぐにコストコのガソリンスタンドに変えたほうがいいです。仮に1Lあたり10円安ければ、普通車50Lを満タンにすると500円の差が生まれます。

月に換算すれば数千円、年換算で数万円の節約が可能です。

 

【コストコで給油する際の注意点】

コストコでの給油はコストコ指定のクレジットカード、またはプリペイドカードでの支払いに限定され、現金では給油できません。

クレジットカードの場合はポイントが付きますから、更にお得になります。

プリペイドカードはコストコの会員でなければ購入できませんが、使用するのは非会員でも大丈夫です。

知り合いにコストコの会員がいる方は代わりに購入してもらって、使用することができます。

 

上級者向け!先物価格でガソリン価格を予想

実はガソリン価格の上下というのは事前に予測することが可能なことはご存知でしょうか?

原油先物価格であるWTI原油先物という金融商品があります。

WTI原油先物(https://nikkei225jp.com/oil)

このWTI原油先物価格の数週間遅れでガソリン価格に連動します。

例えば

WTI原油先物価格が60ドルから70ドルになった場合、ほとんど場合ガソリン価格も数週間後に10%程度上がります。

このように前もってガソリン価格の予測が可能です。

WTI原油先物価格が上がっているときは後にガソリン価格が上がる可能性が高いので、今のうちに満タンに給油しておく。

WTI原油先物価格が下がっているときは後にガソリン価格が下がる可能性が低いので、給油を少し待っておく

という工夫をすることによってガソリン価格の節約が可能です。

投資家の方には馴染みのある指標かと思いますが、相場に慣れていない人は難しい指標になるかもしれません。

このガソリン代の節約方法はあくまで上級者向けという風に捉えておいてください。

 

まとめ

今回はガソリン代を節約する3つのコツ+上級者向けのコツをご紹介してきました。

ポイントは

  • 月に1万円以上給油する方はENEOS Pカードを利用して給油する
  • 月に1万円以下の給油の方は年会費無料の楽天カードを利用して給油する
  • 運転の仕方や運転前の準備でガソリン代の節約につながる
  • 近くにコストコがある方はコストコでの給油がおすすめ
  • WTI価格を意識することでガソリン代の予測ができる

 

ガソリン代はちょっとした工夫で節約することができます。

車を利用する方はぜひ実践してみてください。

-クレカのコラム, クレジットカード, 節約術

Copyright© 楽して節約を楽しもう!~ラクセツ~ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.